絵は想像を掻き立てる。

iPhoneの壁紙を変えました。

「WallpapersHD」というアプリからのダウンロードです。

このアプリ、数千枚の壁紙が入っているので見ていて飽きません。

スポンサードリンク

こないだもベッドのなかでペラペラと見ていたら、1枚気になる壁紙が見つかりました。

写真ではなく、絵です。
2013-04-16 22.50.32

作者も、いつの時代の絵かもわかりません。

月夜に山路を歩く男性。

何歳なのか、家族はいるのか、どこに向かっているのか、目的は何なのか。

服装は正装のようだか、なぜこんな夜道を一人で歩いてるのか。

獣は出ないか、山の向こうには何があるのか。

次々と想像が膨らんでいきます。

絵は写真ではない。

描きすぎず、余白を残した方が想像を掻き立てる。

全部を説明するのではなく、見る側に任せる。

なんかのヒントになりそうです。(^_^)

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください