ためになったこと

派生

おはようございます。

今朝は暖かい日差し。

お昼は散歩しようかな。(^-^)

昨日テレビを点けたら日本の武道や伝統芸能を極めた人が素人のフリをして外国の間違ったやり方をしている人のところへ行って弟子入り、後日正体を隠して日本から来た達人としてその技を見せ、最後に顔を明かして実は私は達人でした。というようなのをやってました。

剣道はモロッコ、歌舞伎はノルウェーでその地元の人がとても熱意を持ってやられてました。

番組を通して感じたのはその方達が間違ったやり方をしているとしても剣道や歌舞伎をとても愛しているということ。

強さとか礼儀とか美しさに、憧れや敬意を持って取り組んでいらっしゃるのがとても素敵でした。

さらにはその達人たちも一時はあまりにひどいやり方に唖然とするものの、彼らの熱意や姿勢に打たれてまずは受け止め、そして正しいやり方を教えていました。

懐が深いですね。

カリフォルニアロールとかグレイシー柔術とか、本流から派生して出来上がり、今ではちゃんと確立されてるものも沢山あります。

日本も諸外国から取り入れて独自の工夫を加えて進化させたりもしています。

原点を知りつつ、そこから広く派生して行くのって素晴らしいな〜と思いました。

今日も良い一日を。(^-^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください