ためになったこと

【インド編】グルガオン3日目

おはようございます。

こちらに来てから携帯電話の国際ローミングがうまく繋がらず不便な思いをしております。

昨日、2軒目のアポ先に行った時、そこの駐車場が関係者以外駐車禁止だったのでホテルで手配した貸切タクシーが駐車できず、仕方が無いので終わったら誰かに電話を借りて電話すると言ってドライバーさんと別れました。(1軒目はそれでうまくいったので)

さて、アポが終わり、ビルのセキュリティの人に1軒目と同じように電話を借りようとしたのですが持っていないとのこと。公衆電話もない。

さて、どうしよう。

ホテルまではそんなに遠くなかったのでビルの前で流しのタクシーを拾うことにしました。

どれどれ、いるかな?

タクシーではないですがリクシャーという三輪車が数台停まってました。

これでいっか。

値段を聞くと200ルピーとのこと。

なるほど。

別のお兄さんに聞くと150ルピー。

じゃ、こっちに乗ろうとしているとさっきの1台目のお兄さんがやって来て150でいいから自分のに乗ってくれ。道も自分はよく知ってるからとアピール。

アピールを買って一台目のお兄さんのリクシャーに乗ることにしました。

こういう乗り物、童心に帰れてなんだか好きです。

ホテル到着。

確かに遠回りもせずまっすぐ送り届けてくれました。

150だよね?と言ってお金を払おうとすると、180くれないか?ガソリンが高くてなんとかかんとか…と照れながら言ってます。

インドってやっぱりこんな感じなんだなぁ…
なんだか人間っぽくて、憎めなくて、ちょっと可愛く感じました。

要求通り払い、笑顔で別れました。

さて、今日もがんばりましょう!(^-^)/

スポンサードリンク